2020年02月28日

自分だったらどうするのか?(批判する箇所、場所を間違えないようにしたい)

 コロナウイルスに対する政府の対応が、3月2日より劇的に変わる。昨日の夕方から、てんやわんやしているところも多いと思う。


 政府の対応を批判したり、提案したりするのはありだと思う。ただ、少なくともコロナウイルス自体に関して、

「政府の責任」

はない。対応後の起きたことに関しての責任はあるが…。


 言っても「新型ウイルス」である。未知だったものに対する対応だ。どんなに考えを巡らしても、完全な対応などムリだ。必ずモレやミスが起こる。でも、時間は待ってくれない…。


 TVの取材に、「走りながら考えるしかない」と答えた政府関係者がいたと聞く。今回の政府の対応で何らかの問題や不利益を被る人は必ずでる。そういう意味では「絶対に被害(者)の出る」状況での決断になる。


 自分だったらどうするのか?と考えれば、現状でこの件に関して、政府を責めることはしない。もちろん、決断したことに対する責任は明確にすべきだが。少なくとも、政府の決断に対して、

『モレやミス、問題を突っ込むだけの批判』

は出来るだけしないようにしたいと、今は思う。

絶対に正解のない、言い換えれば、

『誰かにとっては必ず間違いになることを決断しないといけない』

というの話なのだから…。



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 10:16| Comment(1) | 無題