2019年12月19日

ドーナツとドーナツの穴 第56回 『自信』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 第56回は『自信』

 自信のある人は、そもそも自信の話に興味がないし、自信の話などしない(だから僕は自信がないのかもしれない…)。


 自信があっても出来ないこともある。自信がなくても出来たこともある。自信なんてその程度のこと。


 自信は自身が抱えていればそれで十分。見せびらかしたり、虚勢を張るから失うのだ。(自信がないから虚勢を張るとも言える)


 自信たっぷりなのに、何も行動しない人がいる。自信なさそうなのに行動する人もいる。行動の有無は問題だが、自信の有無はあまり問題ではないのがこのことでもわかる。


 自信のある人は大多数が、態度は謙虚である。自信のない人ほど意外と、態度が横柄だったりするものである。自身を分かっている人は謙虚すぎず、横柄すぎずといった感じか?


 自信は自分事。他人に自分の確認したり、他人の自信をどうこういうのは多分違う。自信を自慢することも意味がないし、自信を疑うことにも多分意味がない。

『やるべきことをやっていれば、多分自信なんて気にならないし、それが自信になるんだと思う』


 自信の有無を気にする前に、多分やるべきことがあるのだろう。やるべきことがあるのは「幸せ」だ。集中すべきはやるべきことに対してだ。自信の有無にではない。……という文章を書いている自己矛盾。この矛盾を抱えられる余裕、これもまたある意味「幸せ」なのかもしれない……。


 

「ドーナツ」= 『自信』

「ドーナツの穴」= 自信は自分事。他人に自分の自信を確認したり、他人の自信をどうこう言うのは多分違う。自信の有無を気にする前に、多分やるべきことがあるのだろう。やるべきことがあるのは「幸せ」だ。




今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 09:32| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
39
Posted by 本人です。カウント用 at 2019年12月20日 10:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: