2020年03月09日

ドーナツとドーナツの穴 第98回『コロナの回復者の数』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 第98回は『コロナの回復者の数』


 ニュースでは、コロナウイルスの日本国内の感染者の数と共に、

『回復者の数』

もきちんとアナウンスしている。



 感染者数の情報ももちろん大事だとは思うが、回復者数も大事だと思う。根拠のない楽観は問題だが、根拠のない悲観はもっと問題だ……。

『ポジティブな情報もネガティブな情報も両方フラットに受け取る』

姿勢が大事。


 一番怖いのは、

『ネガティブな情報に蓋をして、ポジティブなふりをすること』


本当に必要なのは、情報がネガティブかポジティブかではなく、正確な情報を基に、ポジティブな姿勢でいること。

『事実を基に、出来ること、やるべきことをやる姿勢』

なんだと思う。


 余談だが、コロナウイルスの影響を配慮して、事務所を借りている大家さんが、『2か月分の家賃を半額』にしてくれた…。ありがたい話だ。日々の仕事を、出来ることをきちんとして、想いにこたえようと思った。
 


 

「ドーナツ」= 『感染者の数』

「ドーナツの穴」= 『回復者の数』  ネガティブもポジティブも、両方おさえ、「事実」を基に出来ること、やるべきことをやる



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 10:22| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
6C
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年03月09日 10:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: