2020年04月10日

ドーナツとドーナツの穴 第110回『Stay at home より「家に居ろ!!」』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 第110回は『Stay at home より「家に入ろ!!」』


 僕は子供の頃、九州にいたので「家に居らんか!!」「家に居らんば!!」「家に居れ!!」…、という言葉の方がしっくりくる。


 行動変容を求めるのなら、

「体(てい)よりも熱」

を意識するべきである。もちろん、公の場での発言になるので、通常ならば体裁やコンプライアンス等に配慮するのはもちろん大事だが、今は非常時。非常時ならば、絶対に「熱」≒「思い」が伝わる必要がある。

「Stay at home」

で、心が動く日本人が増えているのかもしれないが、僕自身は、

『夢を見ているときにしゃべっている言語』
『思考するときに使っている言語』


で伝えた方がいいと思っている。だから、日本人なら「家に居ろ!!」だし、もっと言えばご当地ごとの発言力のある人が、方言でいった方がいい。東国原英夫さんが、県知事時代、

「宮崎ば、どげんかせんといかん」

といったように…。


 「体よりも熱」

今は、それがそれが必要なんだと思う…。





 
「ドーナツ」= 「Stay at home」

「ドーナツの穴」=体よりも熱。 『(なっだけ)家に居れ!!』



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 09:46| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
84
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年04月10日 09:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: