2020年05月06日

秘訣と知識

 少人数しか知らない知識が「秘訣」。その秘訣を伝えることによって報酬を得ている人がいる。やがて秘訣は多くの人が知る「知識」となり、その報酬は減少していく…。

……とこんなに単純ではないが、陳腐化、一般化して過程の多くはそんなもんである。だが、陳腐化しない知識、いわゆる「秘訣のままの知識」なんてものも確かに存在する。知識の使い方というか、知識の活かし方というか、「知恵」なんて言い方もするが、

「知識を活かすための知識」

といったことは、秘訣のままなのかも知れない…、とも思う。


 秘訣を得た人がそれを得るには相当の投資をしている。だから、その秘訣を伝えてもらうにはこちらも相応の投資が必要なのは至極当然な話。

だから、「秘訣詐欺」をするような人は、それを得るために「相当の投資をしてきたフリ」をする。そうすることで単なる知識レベルの話を「秘訣っぽく」するのである。

……

 ある分野の秘訣を得た人が、その秘訣を伝達するのが上手いとは限らない…。その辺りが悩ましい問題である。オンライン化がすすむ中で、「知識は伝えられても、秘訣は伝えにくい」状況はまだまだ続くはずである。


 また、もし天才的に秘訣を伝達するのが上手い人がいるならば、

「秘訣の知識化」

も急激に進むということでもある。伝え上手が損をする?ということだ。しかも、一度出した情報は半永久的にネット上に漂うことになる…。ますます秘訣が秘訣である期間は短くなる…。少し悲しい話でもある。


 秘訣を秘訣のままでキープしやすくには、閉鎖空間でかつ、その知識や情報にアクセス制限をかけるのがポイントだ。そんな小細工をしないといけないことが秘訣なのか?と思わないこともないが、

「秘訣とは、閉鎖空間でアクセス制限をかけた情報、知識である」

とすれば、少しだけ見えてくる。秘訣を理解するよりも、秘訣にアクセスする権利を得る方が、実は相当な投資が必要だということなのかもしれない……。

『内容よりもアクセス権を得ることの難しさ』

それが秘訣の正体かも知れない。


※もちろん、内容そのものが秘訣であるものも存在している…、と信じている。


 
今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
タグ:秘訣と知識
posted by 江口 匡成 at 09:17| Comment(1) | 無題
この記事へのコメント
93
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年05月06日 09:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: