2020年05月22日

オンラインのリアル 第2回 「四角の死角」オンライン料理教室中に起きた生徒の火傷は、損害保険で保証されるだろうか?

 オンラインはリアルではない。リアルでないことは発信者なら常識だ。発信者は意図的に死角を利用する。
だが、オンラインは双方向で誰もが発信者でもある…。

『オンラインは誰もが発信者。だが発信を意図している人ばかりとは限らない』

そこがポイントになる。


 オンラインは想像以上に死角が多い。四角く切り取られた部分以外は全て死角である。死角を意識している場合は問題ない。怖いのは、死角を意識していない場合のことである…。


『オンライン料理教室中に起きた生徒の火傷は、損害保険で保証されるだろうか?』

教える側の手元は死角にならないようにする。逆に教わる側の手元はほぼ死角だ。まず映すことは少ないはずだ。


 意図しない死角が、意図しない事故を生む可能性がある。

『意図しない発信者の意図しない死角が生む問題』

オンラインでは、『四角の死角』を誰もが意識しておく必要がある……。


今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 08:12| Comment(2) | オンラインのリアル
この記事へのコメント
9F
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年05月22日 08:23
A0
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年05月25日 08:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: