2020年06月05日

最先端の対義語は?

 先端の対義語は末端である。巷で、「最末端」と聞いたことは一度もない。僕自身今日初めて使った…。


 最先端を扱うのは実は難しい。最先端が世間に浸透するとそれは最先端ではなくなる。

『最先端のままの存在は空想の産物である。最先端と言われて早1000年…、などあり得ない』

最先端は最末端へと向かうことを宿命づけられたものなのだ…。

……


 最先端が生まれるには、新しいものを生み出す能力が必要である。
生れ出たものを広めるためには、「最先端のものを知る」ポジションにいる必要がある。
最先端を広めるには、「知る」と同時に「広める手段」を持つ必要がある。

「最先端」を生み出す能力、知る能力、広める能力は違う

知っているから広められるわけではないし、知らないものは広めようがない。
知る能力があるから生み出せるわけではないのが少し悲しい。


 最先端は誰もが扱えるとは限らない。十分に浸透してから使った方がいい場合も少なくない。

自分がその「再先端」を扱ううえで、どのポジションに今いるのかを知っておいた方がいい。
そして、文字通り「最先端」で扱うなら、何が必要になるのかをまず知るべきかも知れない。


 「最末端」になっても使えるような「最先端」でないと残らない。過去の「最先端」によって今がある…。




今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 08:33| Comment(1) | 無題
この記事へのコメント
A9
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年06月05日 08:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: