2020年06月10日

最先端の対義語は?その4 『最先端は流行らない』

 ある分野の最先端は理解できる人が少ない。だから最新(最先端)のものが流行っているわけではない。ありきたりな例えだが、今年の夏服の流行は今年の夏には考えられていない。かなり前の季節に考えられている。


 流行するものは現在の半歩先なんてことを言う経営者もいる。最先端すぎると流行らないことを経営の最先端にいる人が語っているわけだ…。

多くの人の「現在」が理解できることが流行っている。理解できないことは流行らない。少なくとも流行るまでに時間がかかるということだ。

流行は、あることが「認知されるまでの」タイムラグを利用して生まれているのかもしれない。


 最先端は発見される、生まれるものだが、流行はそうとは限らない。生まれる流行もあるのだろうが、多くの流行はほぼ間違いなく作られている。


 多くの人の「現在」が同じことはなくずれがある。その「現在」のずれを利用したものが流行である。逆に最先端は揺らいでいるが、ずれはない。最先端からずれるのは最先端にいた「人」だ。流行に揺らぎはなく、人と人とのずれの間に生まれる。

 『最先端は微かな揺らぎによって人に認識され、流行は人と人の僅かなずれを使って生み出される』




今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 08:33| Comment(1) | 無題
この記事へのコメント
AC
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年06月10日 08:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: