2020年06月15日

ドーナツとドーナツの穴 第130回『〇〇ファースト』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 第130回は『〇〇ファースト』


 都民ファーストとか、国民ファーストとかの話である。ファーストは第一とか、最優先とか、そういう意味である。ただ、「〇〇ファースト」と宣言する場合、それが達成されていないから宣言していることが多い。

普通に、通常に、日常的に達成されているものなら「〇〇ファースト」とはまず言わない。


「〇〇ファースト」のファーストは、文字通り単なる始まりでもある。
「〇〇ファースト」にするため、なるために『何をするか?』が問われている…。
「〇〇ファースト」という宣言も大事だが、それにともなう行動が問われるわけである。

行動を見れば目的がわかる。
行動を見れば、宣言が本物かどうかがわかる。

「〇〇ファースト」の次に来る行動が全てといっても過言ではない。


 宣言が悪いわけではない。宣言の後の行動が、足りない、間違っている、そもそも起こしていない…。だから問題なのである。

宣言ファーストではなく、宣言を達成するための行動ファーストをまず宣言した方がいいのかもしれない…。

「ドーナツ」= 『〇〇ファースト』

「ドーナツの穴」=『宣言ファーストではなく、宣言を達成するための行動ファースト。…という宣言をした方がいいかもしれない…。』



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 08:13| Comment(2) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
AF
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年06月15日 08:35
B0
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年06月17日 08:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: