2020年06月24日

『親孝行したくなるのも高齢化』『親孝行始める時期まで高齢化』

 8050問題なんて話題がある。

親も高齢化
子も高齢化
引きこもりも高齢化


高齢化に伴う、「長期化する引きこもり」がこの問題のメインだが、今日はその話ではない。

……


 親も子も長寿になるということは、親孝行できる期間、親孝行を始められる時期も延長するということ。

昔は、「親孝行、したい時には親はなし」
今は、「親孝行、したいと思えば、(そこに)親はいる」

ただし、親も子も単純に長寿になれば、孝行息子や娘が増えるわけではない……。親と子、両方が長寿になることと、子が親孝行になることに関連はない。


 僕は人の親になったことはないが、自分が親になって、初めて親の気持ちがわかるという話を聞く。親を失ったとき、親の有難みが身に染みる…、なんて話も聞く。

「親孝行、(できずに)後悔しきり(親が)逝ってから」が「親孝行、したい時には親はなし」の本質なのかも知れない。


『親孝行、したくなるのも高齢化』
『親孝行、始める時期まで高齢化』

やはり、人が高齢化するにつれて、心情も含め高齢化していくものが多いようである。



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 07:31| Comment(1) | 無題
この記事へのコメント
B6
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年06月24日 08:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: