2020年07月24日

ドーナツとドーナツの穴 第146回『ペット』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 第146回は『ペット』

 お前俺の飼い主なら、俺の身体俺より管理しろ……、というさだまさしさんの歌が、やけに耳に残る。
※「にゃんぱく宣言」



 同僚に猫好きがいる。猫を飼っているのはもちろん、保護猫活動もやっているので「本物」だ。彼女のおかげでTNRなんて言葉も知ることができた。
もちろん、TMN(TMネットワーク)でもないし、TMR(TM.Revolution)でもない。※懐かしい

僕は動物は好きだが、一緒に住もうとか、飼いたいとまでは思わない。

犬には犬の犬生
猫には猫の猫生
人には人の人生
……


それぞれの生が、重なってもいいし、平行でもいいし、離れていってもいい…。一緒にいないとダメとか、離れていないとダメとかいう話ではない。


 ペットとして飼うなら、ペット生を飼い主も共に全うする。それだけの話…。動物は時に我儘かもしれない。だが、動物を飼う行為も我儘なのだ。「飼いたいから飼っている」。ペットとの関係は、その我儘からはじまっている…。

ペットの我儘、飼い主の我儘…、お互いの我儘を素敵な我儘にするかは、飼い主次第なのである。




「ドーナツ」= 『ペットの我儘』

「ドーナツの穴」=『ペットの我儘は、「飼いたい」という飼い主の我儘から始まっている。ペットの我儘、飼い主の我儘…、お互いの我儘を素敵な我儘にするかは、飼い主次第。』



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 09:05| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
CA
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年07月24日 09:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: