2020年07月29日

ドーナツとドーナツの穴 第148回『お互い様』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 第148回は『お互い様』

 あなたが組織内で管理職だったとする。当然、あなたは部下の動きを観察し、評価している。逆に部下の方も、上司であるあなたを観察し、評価している。観察し評価する…、という意味ではイーブンだ。ただし、その観察や評価が組織内で活用されるかはイーブンではない。違うのはそれだけ。


 上司と部下の間、あるいは組織内で、

圧倒的な差がないと、組織内の上下関係だけで部下が動いてくれることは少ない
圧倒的な報酬がないと、組織内で「不満を持ったまま」部下が動いてくれることは少ない
転職(移動)リスクが大きくないと、組織内に部下がとどまってくれることは少ない
圧倒的な魅力があれば、部下は組織内に残り、存分に動いてくれるかもしれない…


今部下が、そこにいてくれる理由はなんだろうか?

上司が部下を観察しているとき、部下も上司を観察している。
上司が部下の視点を思い出した時、部下の思考が見えてくるかもしれない…。
部下が上司の視点を想像して動ければ、組織内での評価は上がるかもしれない…。

……

グローバルというと全世界を相手にするとイメージがある。だが、実際は関わる相手のローカルに入り込むということ。お互いのローカルに対する思いや理解がないと、グローバルは成立しにくい。自分のローカルに対する思いや理解がないと、相手のローカルは本当の意味で理解できない。

お互い様とは、互いの思考や思いを理解しようとする姿勢から始まる。

相手のことを分かりたい≧自分のことを分かって欲しい 

くらいのバランスが「お互い様」にはまず必要なんだと思う。






「ドーナツ」= 『お互い様』

「ドーナツの穴」=『相手のことを分かりたい≧自分のことを分かって欲しい くらいのバランスが「お互い様」には必要まずなんだと思う。』



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 08:45| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
CD
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年07月29日 09:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: