2020年08月13日

ムリ・ムダ・ムラ 第38回『冒険、非日常』

 普段体験できない事、やらない事をやる。それが冒険。例えば行ったことのない海外にいく。それも冒険と言えば冒険。治安があまり良くない場所、情勢が不安定な場所に行ってきたことを冒険だという人もいる。
ただし、そこに住んでいる人にとっては日常。そこには普通に誰かの日常続いている…。


 冒険してわかるのは、そこに自分が体験していない誰かの「日常」があること。そして自分が日々生きている場所の「日常」の有難さ。

こう書くと、前人未踏の地ならば、誰も体験していない「非日常」があるのでは?と思うかもしれない。だがそこも人が住んでいないだけで、そこにもただ何かの「日常」があるだけである。むしろ、何かにとっては前人未踏の地では人が入ることが「非日常」だとみることもできる。


 日常から離れるために、誰かの日常に入り込み、
その誰かの日常が非日常になる。
その非日常が続くと、それがまた日常になり、
新しい日常によって、これまでの日常が変化したり壊れたりする…。
それでも日常は続く…。


定期的にどこかで冒険、非日常を体験している…、という冒険はもはや日常である。そういう人は逆に瞑想、座禅とまでいかなくても、あえて何もしない…、動かない時間を意識的に持つ。今はその方が冒険かもしれない。コロナで強制的にそうなっているが…。

 動き回りたい、冒険したいという気持ちを持って、その中であえて「動かない」時間を作る。ムダのない、ムリのない最大の冒険…か?。


今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 07:36| Comment(1) | ムリ・ムダ・ムラ
この記事へのコメント
D8
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年08月13日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: