2020年08月17日

ドーナツとドーナツの穴 第156回『おまけ』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 第156回は『おまけ』

 おまけに弱くない人はいない。「純粋にメインの商品が好きだ、おまけなんて関係ない…」という人もポイント付与とか、ポイント還元といったものの恩恵は受けている人も多いのではないか?

ポイントももちろんおまけである。

もっと直接的な現金値引きもおまけである。


 ディスカウントして欲しい時、「まけてくれ」というときのまけに尊敬の意を足したのが「おまけ」である。

まけは負け、おまけは「御負け」とも表記するらしい。

あえて(ちょっと)負ける。勝ちすぎない、どちらも勝ち…、の精神が「おまけ」の基である。


 瞬間的な勝ちに価値を置くのではく、長期的、継続的、永続的な(お互いの)勝ちに価値を置いたのがおまけ。
瞬間的な勝ちにだけこだわったおまけは、むしろ「罠」に近い。害獣を捕まえるとき、罠を仕掛けるがその罠につける「エサ」のようなもの。

おまけのような罠には用心したい。おまけにはできるだけきちんと応えたい。「施されたら施し返す。恩返しです。」なんてセリフが今、流行っているらしい。

おまけが好きだが、それ以上におまけの精神が好きである。


「ドーナツ」= 『おまけ』

「ドーナツの穴」=『長期的なお互いの「勝ち」に価値を置いたのがおまけ。瞬間的な自分の「勝ち」だけにこだわったものはおまけではなく、むしろ罠』



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 10:26| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
DA
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年08月17日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: