2020年08月27日

ドーナツとドーナツの穴 第161回『苦労話と失敗談』その2

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 第161回は『苦労話と失敗談』その2

「成功に至るまでの苦労話や、失敗して苦労した話もあるのでは?」
「だから、苦労話と失敗談を分けるのは変なのでは?」

というコメントをくれた人がいた。その通りである。本来はわけられるものではない。結果に至るまでの「思い」や「感じ」があるからだ。


 ただ、苦労と必要な労(力)はわける必要があると思う。成功するにしろ、失敗の後始末やリカバリーにしろ、それぞれ必要な労(力)があるだけ。

自分が始めたことで、それに対し必要な労(力)は苦労ではない。

あることに対し、必要な労(力)を割く。それを他人が見て、何かを感じ、場合によっては労(力)を労ってくれたりするわけである。

自分がやったこと、しでかしたことに対する労(力)を自分で労うのは滑稽だと思う。

苦労話は「自分のしでかしたことで必要になった労(力)を、自分で労う」ようなものが多いと思う。あくまでも個人的な感想だが。


 必要な労(力)を割いて、何かしらの結果が出たのが失敗談、あるいは成功談である。苦しいかも知れないが、最低限必要だと本人が感じ払った労(力)の話である。苦しいと感じたかもしれないが、それらは本質的な意味での苦労話ではない。


 苦労は当事者の労(力)を見た他人が感じるか、当事者であっても過ぎ去った過去を振り返った状況で感じるもの。
当事者で、真っ只中にいる状況なら、苦しくはあるが、苦労しているとは思わない。何にしろやるしかないからだ。もし、当事者で、真っ只中で苦労しているという話をしているなら、多分まだ余裕があるか、そもそも自分事と考えていないかのどちらか。苦しい状況にある時、

『苦しいから助けて』はわかる。
『苦労しているから助けて』はちょっと微妙。
『苦しくなりそうだから助けて』はもっと微妙。
※予防的観点から見えば正解かもしれないが…。予防なら、苦しくなるまえに検診を≒状況報告をか…。


 当時の苦しかった思いを含んだ失敗談、成功談は貴重である。ただ、苦労だけにフォーカスするのは違う。語り手の、結果に至るまでの労(力)にフォーカスして、それをどう感じるかがポイントだと思う。

語り手が自分の苦労にフォーカスしているのが苦労話。
語り手の苦しかった思いは含んでいるが、結果に至るまでの労(力)にフォーカスしているのが失敗談。あるいは成功談。






「ドーナツ」= 『語り手が苦労にフォーカスしているのが苦労話。』

「ドーナツの穴」=『語り手の苦しかった思いは含んでいるが、結果に至るまでの労(力)にフォーカスしているのが失敗談。あるいは成功談。』



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 08:22| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
E2
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年08月27日 08:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: