2020年09月25日

ドーナツとドーナツの穴 第170回『人生が変わるほどの出会い』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 第170回は『人生が変わるほどの出会い』

 人生が変わるほどの出会い…、人生が変わるほどの出来事…、そういったことを時々耳にする。
個人的には影響を受けた人やもの、出来事がある人生、そういったものがない人生、どちらもありだと思う。

人生の中で、何かの影響を全く受けないという人はいない。

「人生が変わる」と思うかどうかは、

何かの影響を自覚できるかという点
それが多大な影響かどうかと感じるかという点


極論すれば、その2点を感じるかどうかで決まる。どちらも自覚的で、主観的。


 傍から見ればドラマチック、ジェットコースターのような人生でも本人は平穏に生きていると思う場合もある。その逆で穏やかに過ごしていると周囲は思っていても、誰かに、何かに強烈に影響を受けているような人もいる。

誰の影響も受けなかった人生なんて、不遜で寂しい…、なんて少なくとも、周囲が思う必要はない。

 「普通の人生」の定義が違う時点で、「人生が変わる」という意味も違う。

 人生をコントロールしたいと思いながら、その中でコントロール出来ないハプニングを望む…。
しかも人生が壊れない程度の…。とかく人は欲張りのようである。

 人生で劇的な出会いや何かが起きたかどうか、それを感じるかどうかはともかく、今日も生きているということは、少なくともそれらを乗り越えてきているのは間違いない…、ということである。


「ドーナツ」= 『人生が変わるほどの出会い』

「ドーナツの穴」=『「普通の人生」の定義が違う時点で、「人生が変わる」という意味も違う。』



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 08:05| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
F4
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年09月25日 08:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: