2020年10月19日

ドーナツとドーナツの穴 第181回『異形』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 第181回は『異形』

 鬼滅の刃が大流行している。その波に見事に乗り遅れたおじさんの一人が僕である。

鬼にされてしまった妹を人間に戻すための兄妹の冒険譚

と単純にくくれないほど面白い話だと個人的にも思う。


 個人的に一番フックされたのは、『異形』のものになってしまった身内に対する家族の思いだ。異形になってしまった本人(妹)にはそもそも『異形』であることの自覚は無い。『異形』だと判断しているのはあくまでも周囲であるということ。そこから始まる。


 当然、家族としては「元通りになってほしい」「治ってほしい」という思いがある。その思いが強いからこそ、命がけの旅に出るという話になるのだが…

一方で、もし治らなかったら…という思いもあるだろう。そうなると、『異形』と一緒に生きていく覚悟が必要になる。

『異形を治す』覚悟と選択
『異形と共に生きる』覚悟と選択


ベクトルが違う選択肢を、文字通り主人公は背負いながら戦っている。


『異形であるかどうかに関係なく共に生きる』

そこの覚悟があるから主人公は前に進める。覚悟以上に、そこでは主人公の思いには迷いがない。だから、異形となった妹も「家族としてのつながり」を信じられる状態で生きていられるし、生きようとしている。


 異形の出現によって露わになるのは、相手(この場合は家族)に対する『本質的な思い』である。本質的なところに迷いがなければ、『異形』であるかどうかは二の次になるはず。

『異形』であるかどうかで右往左往しているならば、本質的なところに迷いがあるということ。


 『異形』を他の言葉に入れ替えて考えてみると、今の迷いの正体が見えてくるかもしれない…。

「ドーナツ」=『鬼滅の刃は、一言でいえば「鬼にされてしまった妹を人間に戻すための兄妹の冒険譚」である』

「ドーナツの穴」=『その冒険を支えているのは、「異形であるかどうかに関係なく共に生きる」という、覚悟以前の家族に対するそれぞれの思いである』



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 10:27| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
105
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年10月19日 10:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: