2020年10月29日

ムリ・ムダ・ムラ 第48回『思い出せない思い出』

 思い出すには覚えている必要がある。覚えていると自覚するには思い出す必要がある。

さて、思い出せない思い出は覚えているといえるのだろうか?

「思い違い」という記憶もどんどん蓄積される。思い出せる思い出もそもそも微妙だ。


 精度のもとめられる記憶は自分だけではなく、何かしらの外部媒体に残しておいた方がいい。精度が低い記憶は、オフィシャルには使えない。とはいえ、「ゆるさ」が許された記憶は心地よく、それを使うのが自分の範囲だけなら問題ない。そう、個人的な記憶の使用の最たるもの、

思い出には「ゆるさ」が必要

といえる。


 「ゆるさ」を許されない記憶で生きる必要が多いほど、「ゆるさ」を忘れる。記憶力はいいが、「ゆるさ」は忘れているなんて、想像するとちょっと滑稽な状況だ。頭の柔軟性なんていうが、発想力は「ゆるさ」「余裕」「ムダ(と思えるもの)」の集合体だとも思う。


思い出せない思い出は確かにムダではある。
思い出せない思い出を思い出すのはムリである。思い出せたら、思い出せない思い出ではないから。
思い出せたり、思い出せなかったりするくらいが「思い出」にはちょうどいい。
思い出せない思い出があるという記憶の「ゆるさ」が多分、思い出のある種の心地よさを生み出している……。



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 07:52| Comment(1) | ムリ・ムダ・ムラ
この記事へのコメント
11D
Posted by 本人です。カウント用 at 2020年10月29日 08:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: