2021年01月20日

ドーナツとドーナツの穴 第217回『後悔のない人生を生きた後悔?』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 第217回は『後悔のない人生を生きた後悔?』



隣の芝生は青く見える
ないものねだり


などといった言葉があるが、自分が手に出来なかったこと、もの、経験に対して後悔の念は一般的に起こる。出来たこと、達成したこと、手に入れたものに対しては後悔はしない。後悔が起きるかどうかは「視点」の問題である…。



 子供を産んだ・生まない、育てた・育てていないを例に考えると、

子供がいない、出来なかったという後悔があるならば、
子供を産んでしまった、育てなければならなかったという後悔もあるだろう。
だが、子供がいなくても幸せだった、後悔などないという人も当然いるし、
子供が出来て、育てられて幸せだった、後悔などないという人もいる。



 事実と後悔は連動してはいない。どこを見て、何を選択したかである。
経験していない何か、手に入れられなかった何かで必ず後悔の念が起こるなら、

「後悔のない人生を生きることで、後悔ばかりの人生を経験できなかった」という後悔が起きても不思議ではない。

後悔のない人生を生きた後悔?をしている人を少なくとも僕は知らない。



 ないものをねだる限りは後悔しかないし、それを止めれば後悔の念も止まる。道(答え)は求めるが、ねだらない。そんな感じだろうか…。





「ドーナツ」=『 自分が手に出来なかったこと、もの、経験に対して後悔の念は一般的に起こる。』

「ドーナツの穴」=『経験していない何か、手に入れられなかった何かで必ず後悔の念が起こるなら、「後悔のない人生を生きることで、後悔ばかりの人生を経験できなかった」という後悔が起きても不思議ではない。後悔のない人生を生きた後悔?をしている人を少なくとも僕は知らない。』



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 10:14| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
15F
Posted by 本人です。カウント用 at 2021年01月20日 10:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: