2021年01月21日

ドーナツとドーナツの穴 第218回『小さな約束大きな約束』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 第218回は『小さな約束大きな約束』



約束を果たせば、多くの場合程度の差こそあれ信頼を得られる。少なくとも約束を果たしたけど信頼を失った…、などということは起きない。

だが、約束の大小と得られる信頼は比例しない。
同じく、約束の大小とそれを果たさなかったことにより失う信頼も比例しない。




 小さな約束だから、反故にしても相手との関係性への悪影響は少ない…、とは限らないということだ。小さい約束守らない人間と、大きな約束を結ぶような関係性は持たないだろうし、大きな約束は頻度は少なく、圧倒的に日々は「小さな約束」で溢れている。だから、多くの人は日々の小さな約束を守っているかどうかで、その人を判断する。小さな約束をないがしろにするということは、そういうことなんだと思う。※それを気にするかどうかはまた別問題だが。



 大きな約束を果たさなければならない人ほど、目の前の小さな約束を丁寧に果たす必要がある。大きな約束を果たすには、多くの人を巻き込まなければならない。その多くの人が巻き込まれてくれるかどうかは、日々の小さな約束の履行にかかっている。

立場ある人が、大きな約束があるから、小さな約束を反故にしても許されるというのは勘違いである。

「(小さな)約束を反故にしたのなら、素直に謝罪する」

それもまた小さな約束の一つである…。



「ドーナツ」=『約束の大小とそれを果たさなかったことにより失う信頼は比例しない』

「ドーナツの穴」=『大きな約束を果たすには、多くの人を巻き込まなければならない。その多くの人が巻き込まれてくれるかどうかは、日々の小さな約束の履行にかかっている。』



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 08:26| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
160
Posted by 本人です。カウント用 at 2021年01月21日 08:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: