2021年02月09日

新興

 「新興」という言葉に否定的、差別的な何かを感じるだろうか?ほとんどの人は感じないと思う。では、単語の頭につけて「新興〇〇」などどいう場合はどうだろう?



 宗教学の世界では「新興宗教」という言葉は否定的、差別的なイメージから使わないようにしていて、「新宗教」という言葉を使うようにしているくらいである。



 「新興」の対義語は「既成」になるのだが、既成にも場合によっては否定的、差別的なイメージもある。※古臭い、変化の乏しい、変化を拒むといったイメージ

当然だが新興にも既成にもプラスのイメージもある。新興には勢いがあり、既成には歴史がある…、などといったイメージだ。



 言葉からイメージされることは一つではない。よほどきちんと概念定義して、厳密な使用法をしない限りは…。だから言葉は難しい。そして面白い。



 発言に対してこちらが持つイメージ、解釈の問題もあるのでは?と思いながら、昨今取り沙汰されている「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長」の言葉を反芻してみたが、プラスのイメージ、解釈は少なくとも僕にはできなかった…。限りなくシンプルに「問題発言」だと思った。





今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
タグ:新興
posted by 江口 匡成 at 08:18| Comment(1) | 無題
この記事へのコメント
16B
Posted by 本人です。カウント用 at 2021年02月09日 08:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: