2021年02月24日

ドーナツとドーナツの穴 第233回『古本屋でウイルス検査キット』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 第233回は『古本屋でウイルス検査キット』


 贔屓にしている古本屋の店頭に、ウイルス検査キットが平積みしてあった。

値段は2978円(税抜き)※抗原検査キットである。現在の相場はわからない。

古本やゲームソフトを探しに来たついでに、「あ、ウイルス検査キット切れてた」とか
「ちょうどウイルス検査したかったんだよな」というニーズがあるのか、僕にはわからないが、古本屋はすでにウィズコロナ時代に突入しているのかもしれない。…これも時代である。



 ウイルス対策といえば、いの一番は『マスク』である。ピーク時には街中で、
50枚で4000円=1枚80円
もするような金額でマスクが販売されていた。今は、
15枚で100円=1枚6.7円
のマスクなど特に探す気がなくてもすぐにみつかる。普通の生活でいつでもマスクは手に入る状況が続いてほしいと思う。



 流行り廃りがあってはならないものまで商売にしないほうがいい。…と個人的には思う。
それはともかく、検査キットの販売が廃れないということはまだウイルスの影響が色濃く出ているということの傍証でもある。街中でのウイルス検査キット販売は、早く廃れるような時代になって欲しい。


「ドーナツ」=『贔屓にしている古本屋の店頭にウイルス検査キットが平積みしてあった。』

「ドーナツの穴」=『検査キットの販売が廃れないということはまだウイルスの影響が色濃く出ているということの傍証でもある。街中でのウイルス検査キット販売は、早く廃れるような時代になって欲しい。』



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 08:49| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
173
Posted by 本人です。カウント用 at 2021年02月24日 09:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: