2021年04月05日

ドーナツとドーナツの穴 第246回『面倒』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 第246回は『面倒』

 面倒を避けたいと思うのは、ヒト、いや生き物ならば自然なことである。とはいえ、避けようと思って、簡単に避けられるような面倒はそもそも面倒ではない。



 避けたらもっと面倒になること、避けられない面倒こそが面倒。面倒だが、そういう面倒は避けてはいけない。変な話で、こういう場合は、面倒を正面から受け止めたほうが面倒が少なくなる。

面倒が起こっているとき、「先延ばしなどにして避けてなかったか?」を思い起こしてみれば、結構、先延ばしが余計に面倒を面倒にしている現実に気付く…。



 時間経過が解決する面倒もあるかもしれない。が、それは面倒ではない。時間が経過するのを待てばいいだけのことなのだから。



 面倒くさがらずに、「面倒かどうか」を判断してみる。それだけでも、ずいぶん面倒は減りそうだ…。



「ドーナツ」=『避けたらもっと面倒になること、避けられない面倒こそが面倒。面倒だが、そういう面倒は避けてはいけない。』

「ドーナツの穴」=『面倒くさがらずに、「面倒かどうか」を判断してみる。それだけでも、ずいぶん面倒は減りそうだ…。』



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 09:44| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
18A
Posted by 本人です。カウント用 at 2021年04月05日 10:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: