2021年04月07日

ドーナツとドーナツの穴 第247回『視点≧ひらめき(視点大なりイコールひらめき)』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 第247回は『視点≧ひらめき(視点大なりイコールひらめき)』

 一部の才能にあふれた人のひらめきは素晴らしいのかもしれない。だが、日常に影響のある発見の多くは、ひらめきよりも「視点」によることの方が多い。「何か」をひらめくにも、どこから見ているか、どこを見ているかが重要である。



 転倒によるケガに対する効果的な「何か」をひらめく…、ということを例に考えると、

・ケガを短期間で治す画期的な「何か」
・ケガが重傷にならないようにする「何か」
・そもそもケガしないようにする「何か」

という視点がある。さらには、

・ケガをした後の痛みが少なくなるような「何か」
・ケガをした状況でも楽しくなる「何か」
・そもそもケガしにくい体づくり
・転倒してもケガしにくい転倒の仕方
・そもそも転倒しない動き方
……

等々、視点と立ち位置の方がまずは重要である。視点の位置そのものをを意識することも…。



 だから、視点≧ひらめき。
いや、正確には視点が先、ひらめきが後なのか?
それとも、ひらめいた後に、そのひらめきの視点(の位置)を意識するのか?
何にしても、ひらめきを着地させるには、視点とその自覚が大事なのかもしれない。



「ドーナツ」=『一部の才能にあふれた人のひらめきは素晴らしい』

「ドーナツの穴」=『そのひらめきを着地させるには、視点とその自覚が大事なのかもしれない』



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 09:59| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
18C
Posted by 本人です。カウント用 at 2021年04月07日 10:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: