2021年06月17日

名誉返上

 名誉返上で思い浮かべる人に、世界の盗塁王「福本豊」氏がいる。


 「名誉返上」とはあまり使われない。多く使われる、正しいと言われる表現は「名誉挽回」である。だがこれは、失った名誉があるという前提の話…。もちろん、人として失ってはいけない誇りはあるだろう。が、不必要な名誉を欲しがるとろくなことはない。「名を捨てて実を取る」なんて言葉もある。本当に挽回する価値のある名誉なのかは熟慮すべきだろう。



 福本豊氏が国民栄誉賞を断った際の言葉で、

『(国民栄誉賞を断った理由)立ちションベンもできんようになるがな』

はあまりにも有名な言葉だが、立ちションベンという言葉遣いはともかく、「謙虚さ」からくる辞退であることをとある雑誌の取材で答えておられた。



 福本氏は当時の盗塁数世界記録を持っている。それに誇りもあるだろう。が名誉とは何か違う。与えられる名誉ではなく、自分が為したという「誇り」。

名誉と誇り…。自分には誇りで十分である。人がどうこういうのは関係ない。だから名誉返上した…。かどうかはわからないが…。



 誇りは自分次第。名誉は他人次第。名誉は有難いが、名誉に左右されるような人生は歩みたくない。
名誉(国民栄誉賞)返上に福本氏の誇りを見た…。

福本氏の飾らない言動と、このエピソードが大好きである。



 今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 08:37| Comment(1) | 無題
この記事へのコメント
1B3
Posted by 本人です。カウント用 at 2021年06月17日 08:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: