2021年06月24日

グレンファークラス105

 コロナ下で宅飲み市場が活況を呈しているのか、近所の酒屋でも品揃えが充実している。かくいう私も、ウイスキーを嗜むことが楽しみになっている。
※別にコロナ下は関係ない20年もののウイスキー好きだが…。



 表題の『グレンファークラス105』はかの王国の「鉄の女」と言われた元首相が、愛飲していたことでも知られるシングルモルトのスコッチである。



 105とはイギリスのアルコール度数の単位で、ブリティッシュプルーフ105という意味である。日本のアルコール度数に直すと60度。……というのが信じられないくらいコクがあり飲みやすい。しかも1リットルで4000円強と、コスパも悪くないと個人的には思う。

60度のアルコールをストレートで飲む。気をつけないと悪酔い一直線である。



 このグレンファークラス105が我が家では常備してある。
※その他、ブレンディッドやアイリッシュ、バーボンなどを含め、入れ替わりながらだいたい常に5〜6本はストックしてある。

といっても体が資本。基本的には金・土・日以外はアルコールは飲まない。だから余計に週末が楽しみである。



 グレンファークラス105を飲むためにウォーキングは出来るだけ欠かさないようにしている。
健康的なのか不健康なのかわからない生活だが、悪くはない。

コーヒーにグレンファークラス105に、この時期なら麦茶。茶色に染まった夏の日々…。






 今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 09:44| Comment(1) | 無題
この記事へのコメント
1B7
Posted by 本人です。カウント用 at 2021年06月24日 10:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: