2021年06月30日

暗がりで人気のないほのかな明るさのある場所

 『暗がりで人気のないほのかな明るさのある場所』

これが路上飲みの絶好ポイントである。これでさらに帰宅時に便利な駅周辺で自宅からは(少し)離れている等、顔のささない場所であり、住宅が少ない場所なら尚更である。さらに適度な段差があると、もうそれは座り込んで飲むことをアフォードしてしまうだろう…。

上記はあくまでも個人的な感想だが、ゴミ拾いをしているとそういう場所に缶や酒瓶、食べ散らかした跡が多いからだ。※かれこれ2年くらいの観察の結果なので、そう外れていないとは思う…。



 人からは見られたくない…
でも仲間はほんのり見えるくらいの明かりは欲しい…
さらにしゃべっても苦情が出にくい場所で
ゆっくり座り込んで飲める…
さらに後片付けもほったらかしで、
店飲みより安くあがる…。

緊急事態、蔓延防止下で流行った行為だが、ある程度は定着してしまう行為かもしれない。



 話は変わるが、何故かとある市の国道沿いの簡易裁判所の前には、高頻度でワンカップの空き瓶?がいくつも捨ててある。通るたびに置いていくのか、立ち止まって飲んでいるのかはわからない。

場所が場所だけになんらかの意図は感じる。確かに夜間なら暗がりで人気は少ない…、さらに当人だけにわかる「明るさ」があるのだろうか…?





 今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 10:27| Comment(1) | 無題
この記事へのコメント
1BA
Posted by 本人です。カウント用 at 2021年06月30日 11:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: