2021年07月05日

ドーナツとドーナツの穴 第280回『それどころじゃない』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。

 第280回は『それどころじゃない』

 「それどころじゃない」というとき、人は何かに追われている、追い込まれている状況にある。ただ、実際に追い込まれている状況ならば、「それどころじゃない」といっている状況ですらない。

「それどころじゃない」と反応できる状況なら、まだ少し余裕がある。



 本当に「それどころじゃない」人は、それを感じることもできない。
本当に「それどころじゃない」人に、それは回ってきてもわからないし、まず回ってはこない。



 早々に却下されるようなものであったとしても、選択肢があるということは悪いことではない。
選択肢がないのに選択肢があると勘違いしたり、選択肢があるのに選択肢がないと勘違いする…。

これが問題だ。

前者は「選ぶまでの時間」、後者は「可能性」を失うことになる。



 「それどころじゃない」と言える状況で、自分にまだ選択肢があると思えるならば状況は最悪ではない。文字通り、「それどころじゃない」状況で、選択を迫られているのに立ち止まっているようならば最悪である。

この文章を読む時間があるなら、まだ「それどころじゃない」状況までには、多分なっていない…。





「「それどころじゃない」というとき、人は何かに追われている、追い込まれている状況にある。』

「ドーナツの穴」=『「それどころじゃない」と言える状況で、自分にまだ選択肢があると思えるならば状況は最悪ではない。文字通り、「それどころじゃない」状況で、選択を迫られているのに立ち止まっているようならば最悪である。』





 今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 09:22| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
1BC
Posted by 本人です。カウント用 at 2021年07月05日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: