2021年07月06日

ドーナツとドーナツの穴 第281回『主役と脇役』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。

 第281回は『主役と脇役』

 主役がいて脇役がいる。脇役がいて主役がいる。たとえ一人芝居であってもも自分以外の誰か(何か)を想定したり、想像したりして芝居は成り立っている。

…という芝居が成り立つのも観客がいてこそである。そして、観客は芝居があるから存在する。



 一方だけで、一方的になりたっているものはない。一方的な思い込みが、本来共存が前提であるもう一方を追い込む…。結果、自分も追い込んでいく。

傍からみれば「愚かな」行為だが、なかなか止められない。※自分もその愚かな一人である。

追い込まない、追い込まれないバランス…。成り立つ、成り立たせるバランス…。



 名作の多くは、アンバランスに見えても、必ずどこか絶妙なバランスで成り立っている。
もちろん、作品が生み出された時代とのバランスもあるだろう…。

主役にしろ、脇役にしろ、自分が成り立っているなら誰かがバランスをとっている。自覚できなくても、それだけは間違いない。バランスをとっている側なら、主役も脇役も関係ない。



 真の意味で主体的に物事に関わる人とは、自覚、無自覚に関わらず、バランスをとる側の人のことである。

(名)脇役がいてこその…、(名)主役がいてこその…、(名)作品があってこその…、(名)観客がいてこその…、(名)社会があってこその…。






「主役がいて脇役がいる。脇役がいて主役がいる。』

「ドーナツの穴」=『バランスをとっている側なら、主役も脇役も関係ない。真の意味で主体的に物事に関わるとは、バランスをとる側の人間のことである。』



 今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 10:00| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
1BD
Posted by 本人です。カウント用 at 2021年07月06日 10:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: