2021年07月08日

初戦敗退できるのは試合に参加できているからだ

 試合などで敗れるのは悔しい。それをばねにして次につなげる…。あるいは、敗戦のショックをいつまでも引きずることもあるだろう…。


 だが、見方を変えれば、試合には参加できているからこそ「敗退」できるわけだ。昨今のコロナの状況下で、スポーツにしてもロッキンなどのフェスにしても中止が相次いでいる。

『負けることすらできないまま終わる』
『失敗さえも経験できない』
なかで涙を呑んでいる人も多い。


……



 「敗退できた」ならば、「挑戦できた」わけである。で、今そこに立ち位置があるならば、そこからまた歩き出すこともできる。コロナによって、歩みを止めざるを得なかった人もいる。



 敗戦の痛みや苦しさはもちろんある。だが、(まだ)立ち位置があるなら、(また)立ち上がれるなら、(再び)歩き出すことができるなら、その喜びにも目を向けた方がいい。



 今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 09:21| Comment(1) | 無題
この記事へのコメント
1BF
Posted by 本人です。カウント用 at 2021年07月08日 09:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: