2021年07月19日

魅力のなくなった場所

 ボランティアのユニフォームを街中で着用していると襲われるかも?なんて話が報じられたりしている。
さらに、大会関係者の数々の不手際、不祥事、不適切発言。
何より、コロナ禍でのオリンピックであること。
止めが、「開会式音楽担当の過去のいじめとそのインタビュー記事の話」だ。



 オリンピックに関わることが魅力的でなくなった。本来、オリンピックに関わることは魅力的であったはず。なのに、オリンピックに関わっていることが、どこか恥ずかしく、悪いことのような感覚が生まれている。



 魅力を取り戻す云々の前に、選手をはじめとした関わった人が「後ろめたさ」を感じるような場所にはならないようにしてほしいと思う。

誰かの利害に、別の誰かの誇りが汚されることだけはないようにと願う。
オリンピックがまだ誰かにとっての魅力のある場所であり、今後もそうであるならば…。


 今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 10:44| Comment(1) | 無題
この記事へのコメント
1C4
Posted by 本人です。カウント用 at 2021年07月19日 10:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: