2021年08月04日

ドーナツとドーナツの穴 第291回『本音で伝えているという建前』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。

 第291回は『本音で伝えているという建前』

 『本音、本気で言っているという建前』はせめて守って欲しい。コロナ禍や今回のオリンピックの下、政府等の言動を聞いているとそう思うことが少なくない。



 建前は建前である。それは誰もがわかっている。たとえ建前だと相手に悟られているとしても、建前を通す必要がある場面もある。それもわかっている。

だが、本音、本気だと思わせる「何か」がないと、相手を動かすことは困難である。



 「自分も建前」、「相手も建前」で何とかなるなら状況はまだ深刻ではない。

建前で済まなくなってからがある意味勝負である。コロナ禍やオリンピックの運営はまさにそういった状況だ。

「自分も本音」、「相手も本音」…、とまではいかなくても、相手の建前を吹き飛ばすくらいの「本音っぽさ」は必要なのではないだろうか。



 建前は建前でいい。だから相手に建前と思われてもいい…、ではいけない。
「あっ、こいつ、本音(本気)だ」
と思わせるような言動が、今必要だ。その言動が、本音(本気)か建前かはともかくとして…。




「ドーナツ」=『建前は建前である。それは誰もがわかっている。たとえ建前だと相手に悟られているとしても、建前を通す必要がある場面もある。それもわかっている。』

「ドーナツの穴」=『建前は建前でいい。だから相手に建前と思われてもいい…、ではいけない。
「あっ、こいつ、本音(本気)だ」
と思わせるような言動が、今必要だ。その言動が、本音(本気)か建前かはともかくとして…。』



 今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 10:30| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
1CD
Posted by 本人です。カウント用 at 2021年08月04日 10:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: