2021年12月22日

ドーナツとドーナツの穴 第312回『出過ぎないオイルボトル』

 第312回は『出過ぎないオイルボトル』

 生活習慣病と健康体のエッジを駆け回る自分にとって、「出過ぎないオイルボトル」は最近重宝しているアイテムの一つだ。さらには、スプレータイプで出過ぎない醤油さしもある。

「ムダにしない」「使い過ぎない」「適量」というのがポイントか。



 AIが発達したら、人間関係の中で
「口を出し過ぎたらアラームで知らせてくれる〇〇」
「愛するという感情が漏れ過ぎない〇〇」

なんてものも出てくるのだろうか…?



 「出過ぎない」を思いつくには、少なくとも「出し過ぎた」経験、「出過ぎた」経験が必要。あるいは出したりない、出足りない経験もか…。



 出過ぎた真似という日本語には何か違和感がある。誰かを真似たのなら恐らく「意図的」に出過ぎているのだろうし、そもそも真似る真似ない以前に誰かにとって出過ぎたかどうかの話。



 出過ぎないからといって、使う量が増えれば「出過ぎない」の意味はなくなる。カロリーハーフだから倍食べるのと同じこと。

何かを食べるという習慣ではなく、その食物から取れる摂取カロリーの量が習慣になっているということを思うと、どこか滑稽である…。



「ドーナツ」=『「出過ぎない」とは「ムダにしない」「使い過ぎない」「適量」というのがポイント』

「ドーナツの穴」=『「出過ぎない」を思いつくには、少なくとも「出し過ぎた」経験、「出過ぎた」経験が必要。あるいは出したりない、出足りない経験もか…』





『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 10:22| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
216
Posted by 本人です。カウント用 at 2021年12月22日 10:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: