2022年03月30日

ドーナツとドーナツの穴 第324回『効率化』

 第323回は『幸せについて考える時間があるなら結構幸せで幸せになりたいと考える時間はまあまあ不幸である』

過度な効率化は創造性を奪う
創造性を理由に効率化は阻まれることがある



効率化って、誰(何に)にとっての効率化なのだろう?
効率化を声高に叫んでいる人の効率は如何なものか?



効率化≒作業の自動化≒無人化≒あれっ?何の仕事が残っているのか?



自分の非効率が全体の効率化を進めるとき、非効率を受け入れられるか?
自分の効率化が全体を非効率にする時、効率を諦められるか?



結果が出てこその効率化
結果も出ていないのに効率化を求める人もいる
非効率だという結果が出ているのに認めない人もいる



効率化に凍り付く職場は公立か(語感だけの文章、意味はなし)





「ドーナツ」=『過度な効率化は創造性を奪う』

「ドーナツの穴」=『創造性を理由に効率化は阻まれることがある』





『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 10:16| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
237
Posted by 本人です。カウント用 at 2022年03月30日 10:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: