2022年05月09日

ドーナツとドーナツの穴 第329回『情報発信』

 第329回は『情報発信』

 
 情報発信が少ないと指摘する人がいる。
そういう人は、(相手に対し)どんな情報が必要なのかを十分に発信しているのだろうか?
(そう指摘する人の)どんな情報が必要なのかの情報発信が少ない可能性はないだろうか?




 そもそも、あることに対して情報を多少なりとも得ているから情報発信が少ないことがわかるといえる。

『一切情報がないことの情報不足は知ることが出来ない』

さらに、情報は発信側が量も質もコントロールしていることが多い。
…ということも多少なりとも情報がないとわからない。

『閉じられた一方的で偏った情報発信(収集)では、その情報の質も量も判断できない』



 そういえば、十分な情報を発信された場合に、
「情報発信が十分だった」とか「情報発信が良好だ」という話を聞くことは少ない。

「少ない」と指摘するなら、十分だった場合は「十分だ」とか「足りた」といった方が、
今後のコミュニケーションを考えればより良いのではと思ったりする。



 少ないとか、足りないと判断できるくらいの情報は、
(得ようと思えば)少なくとも得られる場所にはいるようだ…。





「ドーナツ」=『情報発信が少ないと指摘する人がいる』

「ドーナツの穴」=『(そう指摘する人の)どんな情報が必要なのかの情報発信が少ない可能性はないだろうか?』





『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 10:44| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴
この記事へのコメント
244
Posted by 本人です。カウント用 at 2022年05月09日 10:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: