2022年06月08日

軽自動車の基準に重量は含まれない

 軽い、重いで考えれば、軽自動車には重量の基準がありそうだが実はない。
軽自動車の基準となるのは、サイズと排気量である。
だから本来は「小自動車」とか「少自動車」というのがしっくりくる話。



 ところがことはそんなに単純ではなく、軽自動車の「重量税」は重量に関係なく定額である。
重量税の観点から見れば、軽自動車はまさに「軽」なのである。
ただし軽いから重量税も軽くなるのではなく、「軽自動車」と認定されたから重量税が自家用乗用車より安くなる…、というのがポイント。

ちょっと不思議な話。

※さらに不思議と言えば、車の重量が経年で変化するわけではないのに、車の重量税は一定の期間が経過すると増額するとか。



 軽自動車の基準に重量は含まれない。
「自家用乗用車より重たい軽自動車」はありえるといういうことである。
「自家用乗用車より重たい軽自動車の重量税は、その自家用乗用車より負担額は軽い」もありえる…。ややこしい話。

※ついでに書けば、自動二輪車(バイク)より軽い軽自動車も存在する…。






今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 09:39| Comment(1) | 無題
この記事へのコメント
24F
Posted by 本人です。カウント用 at 2022年06月08日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: