2022年06月15日

要らない

 所有していないもの、所有できないものを「要らない」と思う不思議。
要るも要らないも、所有していないのだから…。



 捨てることが出来るということは、それを所有しているから。
あるいは、所有することをイメージ出来た場合か…?
所有しているから要るものと要らないものが出来る。

所有することが全くイメージ出来ない場合も「要らない」になるのか?



 「とりあえず所有できるものは所有しておこう」は環境のことを考えても大問題である。
「所有すべきかどうかをまずじっくり考えよう」はだいぶましか。
「どうすれば所有しなくても済むか」は現代的。
「必要なものも所有できない」状況は早急に改善すべき課題。



 要らぬ考えは考えられるから思い浮かぶ…。
そう思うと要らぬ考えも要るのか…?



 備えあれば憂いなし。だが、備えにもコストがかかる。
あればいいけど、なくてもとりあえずは大丈夫なものは要るのか、要らないのか?
いつか要るの「いつか」は本当に来ないのか?



 要らないもの(ゴミ)を要るものに変えて、成功しているケースもある。



 要らぬ(要らない)時間が本当にわかるのは、多くの場合時間を使った後である。
最初から要らぬと判別できることにまず時間は使わない。

今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
タグ:要らない
posted by 江口 匡成 at 09:15| Comment(1) | 無題
この記事へのコメント
252
Posted by 本人です。カウント用 at 2022年06月15日 09:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: