2022年07月25日

相反

 完全に相反している関係…、というのは少ない。
完全に相反しているわけではないのに、完全に対立している関係…、というのはよくある。
何なら、ちょっとでも相反しているところを探して対立している関係…、なんてことも少なくない。
知らぬ間に「対立」が先になり、なんで「相反」していたのか分からない…、ということも起こる。



 相反が全くないなら状況の打開策など考える必要などない。その流れに乗ればいいだけ。
相反があるから、思考(創意工夫)が必要。そこに新機軸が生まれる。だから面白い。



 相反に良し悪しはない。
だから一部の相反を理由に対立する必然性はない。
完全に相反した関係なら、おそらくそれはほぼ無関係。
…というか同時に存在することは多分難しい。
同時に存在しているということは相反しない部分があるということ。
相反しない部分があるから、相反している部分がわかる。



 完全に相反している関係…、というのは少ない。だから同時(期)に存在できている。





今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
タグ:相反
posted by 江口 匡成 at 10:22| Comment(1) | 無題
この記事へのコメント
260
Posted by 本人です。カウント用 at 2022年07月25日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: