2022年08月29日

止まる

 止まるにはまず動いている必要がある。
いわば動けるから止まれるわけである。
自由に動けて、自由に止まれるならばそこに恐怖はない。が、面白みもない。
ある種の「不自由さ」がないと楽しみは生まれない。
止まれない、動けないが恐怖も生むが、楽しみも生んでいる。



 そもそも生きるということは止められない。
死ねば止まるのでは?と思うかもしれないが、
死んだら生は終わるのである。止まるわけではない。
止められない流れに乗っているのが生きることの常…。



 自分の日々の行動を少し俯瞰で、「止められるか?」で見てみる。
思ったより、止められないことも多い。

止まるのは自分一人ではできない。摩擦や抵抗など「力の受け手」が必要。
自分一人じゃないから止めたくても止められないこともある。

生きていく上で(意図的に)止まる、止まれるというのは中々貴重なようだ。







今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
タグ:止まる
posted by 江口 匡成 at 12:32| Comment(1) | 無題
この記事へのコメント
26C
Posted by 本人です。カウント用 at 2022年08月29日 12:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: