2022年10月24日

ちっぽけ

 「ちっぽけな幸せ」は、多分「ちっぽけ」というほど小さくない。
「ちっぽけな仕事」をおろそかにする影響も、「ちっぽけ」というほど小さくない。
本当にちっぽけなことに、「ちっぽけ」とあえていうことは少ない。



 本当にどうでもいい、ちっぽけなことに対してなら、現実はスルーすることが多いだろう。
わざわざ「ちっぽけ」を使って些末なこと、小さいことを表すという意図は小さくない。
「ちっぽけ」を使う意味があるから、「ちっぽけ」を選んで使っているのである。



 誰かが、何かに対して「ちっぽけ」と使っている時、その対象の実際の大小よりも、
「ちっぽけ」を使う意味の大きさに注目すると面白そうだ。
というか、個人的には「ちっぽけ」という響きに興味を惹かれる。



 なんで「ちっぽけ」を使うくらい小さなことに、わざわざ「ちっぽけ」という表現を選んで使うのだろう…?

「ちっぽけ」をあえて使う意味は「ちっぽけ」ではなさそうである。

 今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
タグ:ちっぽけ
posted by 江口 匡成 at 10:28| Comment(1) | 無題
この記事へのコメント
27B
Posted by 本人です。カウント用 at 2022年10月24日 10:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: