2020年03月18日

ドーナツとドーナツの穴 第100回『私を侵害するなといって他人を侵害する人』

『ドーナツ』≒意識しているもの、表、機会、建前、見えているもの、認識しているもの…。

『ドーナツの穴』≒意識していないもの、裏、機会損失、ホンネ、見えていないもの、認識していないもの…。

そんな意味合いで捉えてもらえればと思います。実際書きたいことを書いているので、テーマ通りには毎回いかないですが、そこはご容赦を…。


 第100回は『私を侵害するなといって他人を侵害する人』


 自分の権利や立場、役割等を侵害されることには敏感な人が多い。そういう人に限って、

『他人の権利や立ち場、役割等を侵害していることには鈍感』

という場合も少なくない。そういう状況は個人的には面白いと思う。起きていることとしては最悪の部類にはいるが…。


 自分も誰かを侵害するなら、他人にもあなたを侵害する権利がある。まあ、お互い侵害はしないほうが良いが…。


 『あなたもOK、私もOK』

価値観が違おうが、場所が違おうが、職種や、興味が違おうが、関係ないし、どうでもいい…。やることをやって関係か成り立っていればあとは自由でいいと思う。無理に合わす必要もないし、もし何かが合ったなら、その時は、

『その奇跡を静かに喜んだらいい』

と思う。というわけで、

『自分が侵害されない限り、あるいは侵害されても影響がないならば、できるだけ他人は侵害しないように生きたい』

と思うし、

『知らぬ間に誰かを侵害して、それに気づいたら、素直に謝罪したい』

と思うし、

『もし自分や、自分の大事な人が、誰かに徹底的に侵害されたら、命を懸けて侵害する強さは持ちたい』

と思っている。侵害しなくてもいいことを祈りながら…。


 幸福なことに、人生でそこまで侵害されたことはない…。知らぬ間に誰かを侵害しているのかも知れないとは時々思う。それについては、ただただ反省しかない……。


「ドーナツ」= 『私を侵害するなといって他人を侵害する人』

「ドーナツの穴」= 誰かを侵害するなら、誰かに侵害されることも受け入れる必要がある



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 09:51| Comment(1) | ドーナツとドーナツの穴