2021年03月11日

ムリ・ムダ・ムラ 第56回『削ぎ落とす』

 料理などが好例だが、途中から付け足すことは出来ても途中で減らす、削る、削ぎ落とすことはできない。だから、プロの料理人は調理の初期段階、下ごしらえを非常に重視する。そこをおろそかにすると後の工程の

・味付け
・加熱
……

などといったことが全て同じだったとしても、まったく出来が違うものになってしまう。



 料理で、材料から不必要なもの削ぎ落とすのはファーストステップ。しかも不可逆的な手順である。だからこそ、そこにプロのこだわり、技、プロの本懐が現れる。



 これは料理だけの話ではない。

「もとの素材から何を削ぎ落とすか?」

そこを極めるためにプロは修練している。

付け足して、体(てい)を整えるのもプロといえばプロなのだが、削ぎ落としを極めようとしてこその体なのである。体(てい)だけを求める、整えるのはムダである。

最初から付け足しで体だけを求めても、多分体は整わない…。



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 09:57| Comment(1) | ムリ・ムダ・ムラ