2021年01月18日

ムリ・ムダ・ムラ 第53回『沼(沼落ち)』

 何かにどっぷりハマってしまった状態を示すネットスラング。NHKで「沼にハマってきいてみた」なんて番組があるくらい流行している言葉である。「沼落ちしている状況を、本人が解説できる状態を沼落ちと言っていいのか?」などとムダなことを考えてしまう…。



 どんな沼かはともかく、沼にハマっている間は幸せである。それこそ寝食を忘れ、時間を忘れ、損得勘定抜きに「ハマって」いるからである。

逆に言えば、時間やコストなどの『損得』を考えだした時は、その沼からは抜け出しているし、より大事な別の「何か」があるということ。やる前から、損得が気になるようなことならば、多くの場合ハマるようなことは少ない。



国政に沼落ちしている政治家
経営に沼落ちしている経営者
教育に沼落ちしている教育者

等々……
そういった人達が何処かにいて欲しいと思う反面、そういった人達に冷静な損得勘定も求めてしまう…。ハマっていて欲しいが、ハマったままでは困る…。そんな人達でもあるからだ。



 沼落ちする沼を選べるかどうかはともかく、周囲も幸せにするような「沼」。ハマるならそういう「沼」にしたいものである。


今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 10:51| Comment(1) | ムリ・ムダ・ムラ