2022年10月13日

不完全終活マニュアル 番外編 誰も弾かなくなったピアノ

 両親の終活で、ピアノの処分の話になった。
現状、老夫婦だけが住む実家は誰もそのピアノは弾かない。
家の二階の倉庫の1/4くらいのスペースを占有している状況だ。



 弟と両親が話し合いをして、そのピアノは一度は処分する方向になった…。
が、いざ業者に見積もりを出して、それなりの費用がかかることがわかった。
※実家が離島であることと無関係ではないようだ。

すると気が変わった父親が「自分が死ぬまでは処分しないで欲しい」と弟にいってきたらしい。



 兄弟では、妹だけが習っていたピアノ。
妹しか基本使っていなかった。



 誰も弾かなくなったピアノ。
父には、妹がピアノを弾いていた頃の、残響、余韻がまだ聞こえているのだろうか?

父は親指を怪我するまではギターを弾いていたらしい。
そういえば、弾かなくなったギターもしばらく(といっても数十年単位で)は実家にあったのを思い出した。



 そのピアノに、人生の余韻を父が感じているなら、倉庫の1/4くらいはそのままでもいいかなと、思い直している。

処分しようと思えばいつでも処分できるピアノだが、父が感じている余韻と子供への想いは大事にしたいと思った。



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 10:06| Comment(1) | 不完全終活マニュアル