2022年09月14日

行き当たりばったり

 対応力があれば「行き当たりばったり」の対応で対応できるかもしれない。
対応力とはいわば「準備力」。
行き当たりばったりで対応できるだけの準備があったということだ。



 もちろん、準備が不十分でも状況が上手く転んで対応できたということもある。
その場合であっても、無自覚に何かしらの準備はしていた…、というのがほとんどのケースだろう。

行き当たりばったりばかりで対応していると、行き当たりばったり力(≒対応力)は減少する。
行き当たりばったりで対応しなくていいように準備する方が、行き当たりばったり力(≒対応力)はアップする。



 行き当たりばったりで対応するしかないこともある。
そういう場合の「失敗」のケースばかりが、どうしてもスムーズにいったケースより目立つ。
本当に「行き当たりばったり」でしか対応できなかったのか?
準備不足はなかったのか?
そういう視点があれば、失敗も次のステップにつながる。



 何度も同じ状況を繰り返し、行き当たりばったりばかりが続くのは問題である。



今日はここまで。文責 江口
IMG_20191031_103727_3.jpg
posted by 江口 匡成 at 10:06| Comment(1) | 無題